その他のイベント

APN・神戸大学連携セミナー「身近な森のたくさんのふしぎ、たくさんの課題 – 30年後の森林環境を考える – 」

2021.03.24

DATE / TIME: 2021年3月28日    13:00 – 15:30


場所: オンライン

2021年3月28日に開催される、アジア太平洋地球変動研究ネットワーク(APN)及び神戸大学農学部のオンラインセミナー「身近な森のたくさんのふしぎ、たくさんの課題ー30年後の森林環境を考えるー」において、IPSI事務局の研究員イヴォーン・ユー博士が、「⾥⼭を元気にしよう!SATOYAMAイニシアティブから考える森林保全の重要性」と題した講演を行います。

本セミナーでは、私たちの身近な存在である森を通して、世界の環境問題について考えていきます。また、学生の方にとっては将来のキャリアプランの参考にもなる、講師の方々のこれまでの道のりなども紹介予定です。学生の方も社会人の方もぜひご参加ください。

セミナーの詳細はこちらをご覧ください。


会場:

オンラインにて開催
お申し込みはこちらから


参加費:

無料


主催:

主催:アジア太平洋地球変動研究ネットワーク(APN)、神戸大学農学部

後援:兵庫県教育委員会、兵庫県


プログラム:

13:00-13:10 主催者挨拶、講師紹介

13:10-15:00 講演 

①「森の中の生存競争・・・昆虫と微生物と樹木」

黒田 慶子(神戸大学大学院農学研究科教授 森林資源学研究室)

②「見えるきのこから見えない地下を考える:森を理解するために」

佐久間 大輔(大阪市立自然史博物館 学芸課長)

③「里山を元気にしよう!SATOYAMAイニシアティブから考える森林保全の重要性」

イヴォーン・ユー(国連大学リサーチコンサルタント)

14:40-15:30 休憩

14:50-15:30 パネルディスカッション、Q&A