International Satoyama Intiative

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、持続可能な社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の価値を世界で広く認識してもらうことによって、その保全と再生を促進する取り組みです。

7月1日:東京大学『「オーシャン・ヘルス・インデックス」を用いた地域アセスメントの可能性について』シンポジウム開催のお知らせ


 東京大学大学院農学生命科学研究科、コンサベーション・インターナショナル、海洋アライアンスは、『「オーシャン・ヘルス・インデックス」を用いた地域アセスメントの可能性について』と題したシンポジウムを、7月1日に東京大学大学院農学生命科学研究科(弥生キャンパス)フードサイエンス棟中島ホールにて開催します。本シンポジウムでは、日本のいわゆる「里海」と呼ばれる沿岸地域における、様々なステイクホルダーを巻き込んだ地域アセスメントの実施可能性について、幅広い視点から議論を行うことを目的にしています。詳しくは、こちらをご覧ください。

Robert Blasiak, formerly of the IPSI Secretariat, gives a presentation at the Symposium

Robert Blasiak, formerly of the IPSI Secretariat, gives a presentation at the Symposium