International Satoyama Intiative

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、持続可能な社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の価値を世界で広く認識してもらうことによって、その保全と再生を促進する取り組みです。

SATOYAMAイニシアティブ及びその国際パートナーシップに関する南米地域ワークショップ

2010年9月22日、ブラジルの首都ブラジリアにおいてSATOYAMAイニシアティブ及びその国際パートナーシップに関する南米地域ワークショップ(主催:環境省、国連大学高等研究所)が開催されました。
本ワークショップは、南米6か国(エクアドル、コロンビア、チリ、ブラジル、ペルー、ボリビア)の政府代表や専門家の参加を得て、1)SATOYAMAイニシアティブについての理解を深め、南米地域における適用性について議論すること、2)SATOYAMAイニシアティブ国際パート ナーシップ(IPSI)に期待される活動及びパートナーシップへの参加について議論すること、を目的に行われました。

南米内外におけるSATOYAMAイニシアティブの幅広い適用可能性や有用性をはじめ、COP10につながる有意義な議論が展開されました。

DSC09425

議事及び会議資料

プログラム(英)

ダウンロード

出席者リスト

参加者リスト(英)

ダウンロード

プレゼンテーション

What is the Satoyama Initiative

川口大二 (環境省 自然環境局自然環境計画課 生物多様性保全専門官) ダウンロード


Agroforestry and the socio-ecological production landscapes

ロベルト・ポーロ(国際アグロフォレストリー研究センター ラテンアメリカ 地域コーディネーター) ダウンロード


The values of applying the Satoyama Initiative concept to South America

ファビオ・ヴァ・リベイロ・デ・アルメイダ(地球環境ファシリティ(GEF)小規模無償プログラム(SGP) ブラジル上級コーディネーター) ダウンロード


The International Partnership for the Satoyama Initiative and its proposed activities

中尾文子(国連大学高等研究所フェロー) ダウンロード