International Satoyama Intiative

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、持続可能な社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の価値を世界で広く認識してもらうことによって、その保全と再生を促進する取り組みです。

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ発足式典が開催されました

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)の発足式典が、2010年10月19日に生物多様性条約(CBD)第10回締約国会議(COP10)のサイドイベントとして、世界各国の政府、NGO、メディア、私企業等の関係者や研究者、専門家等500名を超える参加者を得て開催されました。

本パートナーシップは、生物多様性と人間の福利のために人間活動の影響を受けて形成・維持されている二次的自然環境(社会生態学的生産ランドスケープ)の維持・再構築に取り組む団体の国際的なプラットホームです。本式典では、本パートナーシップの発足を発表し、あわせて、目標や目的、活動について締約国会議参加者や関係者に対して紹介されました。

式典中には、各国政府や地方自治体、研究機関、NGOや先住民団体、私企業、国連関連機関を含む51団体が発足式典開始以前のパートナーシップ参加団体として紹介され、現在多数の団体から申請をいただいております。

式典のプログラム、発表者によるプレゼンテーション資料、本パートナーシップの会員紹介スライドは本ページよりダウンロードできます。また、式典の様子を録画したビデオはCBDのウェブサイトよりオンラインで視聴可能です。参加団体リストについては、近日中に本ウェブサイトにて公開予定になります。

生物多様性条約事務局長、アフメッド・ジョグラフ氏による開会スピーチ

本パートナーシップ会員の写真撮影1

本パートナーシップ会員の写真撮影2

発足式典参加者

里山お弁当

議題

発足式典プログラム(和)

ダウンロード


発足式典プログラム(英)

ダウンロード

関連資料

IPSI創設メンバーリスト(和)

ダウンロード

プレゼンテーション

SATOYAMAイニシアティブの紹介

武内和彦(国連大学サステイナビリティと平和研究所所長兼国連大学副学長) ダウンロード


SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップの紹介

カレマニ・ジョー・ムロンゴイ(生物多様性条約事務局長科学及び専門的技術的事項セクション部長) ダウンロード


SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップのパートナー紹介

ダウンロード


協力活動の紹介、ナレッジ・ファシリテーション

竹本和彦(国連大学高等研究所上席研究員) ダウンロード


協力活動について

渡辺陽子(地球環境ファシリティ プログラムマネジャー兼上席生物多様性専門家) ダウンロード


協力活動について

ヤンニック・グレマリック(国連開発計画 開発政策局 環境とエネルギー部) ダウンロード