International Satoyama Intiative

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、持続可能な社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の価値を世界で広く認識してもらうことによって、その保全と再生を促進する取り組みです。

IPSIニュースレター 2019年2月号

---

IPSIニュースレター2019年2月号(日本語版)【生物多様性ポスト2020目標アジア太平洋地域ワークショップ、他】

皆様いかがお過ごしでしょうか。2019年2月号のIPSIニュースレターをお届けします。概要のみ日本語でご紹介しておりますので、詳細は本文をご覧ください。

1.生物多様性ポスト2020目標アジア太平洋地域ワークショップ

2019年1月28日から2月1日にかけて、生物多様性ポスト2020目標アジア太平洋地域ワークショップが名古屋にて開催されました。同会合では、アジア太平洋地域の生物多様性条約(CBD)締約国が2020年以降の生物多様性の枠組みに入れ込むべき要素について検討しました。同様のワークショップは、国連の各地域区分(アフリカ、アジア太平洋、東欧、中南米カリブ、西欧その他)ごとに開催されていますが、アジア太平洋地域は他地域に先駆けて開催されました。IPSI事務局スタッフおよび多数のIPSIパートナーが同会合に参加し、SATOYAMAイニシアティブ、ならびにランドスケープ・シースケープ・アプローチに関する情報を様々な観点から提供しました。

また、IPSI事務局は、「Multi-stakeholder partnership to enhance landscape and seascape approaches for biodiversity conservation and human livelihoods」と題したサイドイベントを日本国環境省、コンサベーション・インターナショナル、公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)と共催し、参加者のランドスケープ・シースケープ・アプローチおよびIPSIに対する認識を高めました。

同会合では、参加者による発表や議論が多数行われ、生物多様性戦略計画2011-2020から提起された問題の特定から、ポスト2020の枠組みの具体的なアイディアまで多岐にわたって意見交換・共有が行われました。同会合では主に、新しい枠組みは現行計画の漸進的な更新なのか、それとも大きな変換なのか?多様な視点を取り入れるべきか?どのような生物多様性目標が盛り込まれるべきか?などに焦点が当てられました。同会合の成果は、今後の地域別、テーマ別、その他の協議に反映され、最終的には、2020年以降の生物多様性の枠組みへインプットされる見込みです。この新しい枠組みは2020年に中国で開催される生物多様性条約第15回締約国会議(CBD COP15)にて採択される予定です。

同会合に関する詳細はこちらからご覧いただけます。

 

 

2.2020年以降の生物多様性の枠組みへの意見募集(CBD事務局)

CBD事務局は、締約国とオブザーバーに対し、昨年末に作成されたディスカッションペーパーに基づき、ポスト2020の生物多様性の枠組みに関する更なる見解を募集しています(提出締切:4月15日)。本文書には、IPSIによるいくつかの提案が盛り込まれています。ご一読いただき、ランドスケープ・シースケープ・アプローチを通じて自然共生社会を実現するというIPSIの長期目標がポスト2020の生物多様性の枠組みにおいて有用であることが明記されるよう、ぜひ見解をご提出ください。

募集要項および提出に関してはこちら(英語)からご覧いただけます。

 

 

3.UNU-IAS 2019年度大学院プログラムの入学願書受付開始

国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)は、2019年度大学院プログラムの入学願書を受け付け中です。入学願書の締め切りは、博士課程サステイナビリティ学が2019年4月19日です。(修士課程サステイナビリティ学は2019年2月28日で締め切りました。)両課程とも2019年9月に開始され、自然科学・社会科学・人文科学を融合した革新的および学際的なアプローチを通じた人材の育成を目指しています。

出願はUNU-IASのウェブサイトより申請フォームをダウンロードのうえ、ご応募ください。本プログラムの詳細は、こちらをご覧ください。

 

4.【締め切り迫る】UNU-IAS 2019年度ポスドクフェローシップの入学願書受付

国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)は、2019年ポスドクフェローシップの入学願書を受け付け中です。本件は海外の若手研究者を対象とした「日本学術振興会(JSPS)と国連大学によるポスドクプログラム」です。UNU-IASが行う研究やトレーニング・プログラムに直接携わることができ、国際SATOYAMAイニシアティブもこの研究対象プロジェクトのひとつとなっております。入学願書の締め切りは、2019年3月15日です。出願について、UNU-IASのウェブサイトより申請フォームをダウンロードのうえ、ご応募ください。

本プログラムの詳細は、こちら(英語)をご覧ください。

 

 

5.ケーススタディ紹介:グリーン・グローブ・ガーナ

IPSIメンバーのグリーン・グローブ・ガーナより「Conserving Biodiversity and livelihood Enhancement: the case of Saviefe Communities on the Weto landscape in Ghana」と題したケーススタディが提出されました。

生物多様性ホットスポット(西アフリカ・ギニア森林)に位置するガーナのウェトランドスケープは、森林消滅、野生動物の生息危機、土地劣化などにより、資源を失いつつあるため、回復に向けた活動が必要とされていました。グリーン・グローブ・ガーナは、IPSI協力活動の一つであるSATOYAMAイニシアティブ推進プログラム(COMDEKS)のウェトランドスケープ・レジリエンスプロジェクトの呼びかけに応じるかたちで、「生計向上と天然資源管理のための制度構築」というテーマのもと、ランドスケープコミュニティにおける生物学、先住民の知識と文化多様性を統合した生計支援を実証するイニシアティブを提案・実行しました。

ケースステディの詳細については、こちら(英語)からご覧いただけます。

 

なお、本ニュースレターで共有を希望されるイベント等の情報がございましたら、IPSI事務局までご連絡ください。また、記事は日本語版ニュースレターのみの掲載も可能です。皆様からの情報提供をお待ちしております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)事務局
国際連合大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)
東京都渋谷区神宮前5-53-70
電話:03-5467-1212(代表)
E-mail: isi@unu.edu

□連絡先やメールアドレスに変更があった場合は、事務局までお知らせください。
□当ニュースレターの配信登録はこちら

*SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、日本国環境省の支援により運営されています。

 

---

IPSI Newsletter, February 2019

Dear IPSI members and friends,

Greetings from the IPSI Secretariat in Tokyo, Japan. IPSI and its members continue to stay active in a wide variety of projects and activities related to maintaining and revitalizing socio-ecological production landscapes and seascapes (SEPLS).

This month’s newsletter contains a report from the recent CBD consultation on the post-2020 global biodiversity framework for the Asia-Pacific region, a request for views on said framework, a reminder of a call for applications to a fellowship programme at United Nations University, and an introduction to one of our recent case studies received from Greenglobe Ghana.

As always, we hope you will contact us to submit any new case studies or other information about your activities, or if you have any questions or comments.

IPSI Secretariat

---

CBD Regional Consultation Workshop on the Post-2020 Global Biodiversity Framework for Asia and the Pacific

A Regional Consultation Workshop was held 28 January to 1 February on the Post-2020 Global Biodiversity Framework for Asia and the Pacific, as the first of a planned series of regional workshops to allow CBD parties to provide input and views on what they would like included and not included in the proposed post-2020 global biodiversity framework. A number of IPSI partners took part in the workshop, and the IPSI Secretariat also organized a side event titled “Multi-stakeholder partnership to enhance landscape and seascape approaches for biodiversity conservation and human livelihoods” along with the Ministry of the Environment of Japan, Conservation International, and the Institute for Global Environmental Strategies, providing participants a good opportunity to heighten their awareness on landscape and seascape approaches and our partnership..

The workshop was organized with a number of background and explanatory presentations, and many discussion sessions for participants to freely share ideas. Sessions topics ranged from initial brainstorming and identification of general issues raised from the 2011-2020 Strategic Plan for Biodiversity to concrete ideas for the post-2020 framework. Discussion in the workshop largely focused on issues such as whether the new framework should represent an incremental update of the current plan or a major transformation, incorporation of multiple perspectives, and what kinds of biodiversity targets should be included. Outcomes from this workshop are expected to feed into further regional, thematic, and other consultations, which will then provide input for the post-2020 framework. The new framework is expected to be adopted at CBD COP 15 in China in 2020.

More information on the workshop can be found on the CBD website here.

---

CBD Request for Views on Post-2020 Global Biodiversity Framework

The CBD Secretariat recently sent out a notification encouraging Parties and observers to provide further views on the post-2020 global biodiversity framework, based on the initial discussion document that was produced based on the first round of views collected late last year. At that time, the IPSI Secretariat received many submissions from partner organizations, and we were happy to see that some of IPSI’s suggestions were included in the document. Readers are encouraged to look at the document and if appropriate provide any further views to ensure that IPSI’s vision of realizing societies in harmony with nature through SEPLS-based approaches is represented in the framework.

The full notification, including instructions on how to submit views, can be found on the CBD website here.

 

---

2019 JSPS-UNU Postdoctoral Fellowship Programme

UNU-IAS, host of the IPSI Secretariat, is now accepting applications for the JSPS-UNU Postdoctoral Fellowship programme. Jointly organised by UNU-IAS and the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS), the JSPS–UNU Postdoctoral Fellowship programme provides promising, highly qualified, young researchers with the opportunity to conduct advanced research relevant to the main thematic focus areas of the institute. The UNU-IAS International Satoyama Initiative project is one of the programmes eligible for applications this year, so this could be a good opportunity for some readers in the IPSI community. Applications close 15 March, 2019, and must be submitted via the UNU-IAS online application form.

Please visit the UNU-IAS site on this page for further details.

---

Recent Case Study: Greenglobe Ghana

The IPSI Secretariat recently received a case study from partner organization Greenglobe Ghana, titled “Conserving Biodiversity and Livelihood Enhancement: the case of Saviefe Communities on the Weto Landscape in Ghana”.

The Weto Landscape, a world classified biodiversity hotspot has been realized to be losing its natural resources as a result of unsustainable use, hence the need for activities towards resilience. Forests have disappeared. The mountain range contains several animal species which are becoming endangered and scarce, land has degraded, and virtually little concerted resource management action through livelihood activities as well as feeble authoritative action concerning resource use prevails. In response to the Weto landscape resilience call by the COMDEKS Project, an IPSI collaborative activity implemented by UNDP through the GEF Small Grants Programme, Greenglobe Ghana, an environmental organization proposed and implemented initiatives that demonstrated livelihood support with integrating biological, indigenous knowledge and cultural diversity in the landscape communities under the working topic, “Livelihood Promotion and Institutional Building for Natural Resource Management.”

For more information, please see the full write-up of the case study on the IPSI website here.

---

Contact

Please be sure to let the Secretariat know if there are any changes in your e-mail address or contact information.

Secretariat of the International Partnership for the Satoyama Initiative
5–53–70 Jingumae
Shibuya-ku, Tokyo 150-8925
Japan

Tel: +81 3-5467-1212
Fax: +81 3-3499-2828

Email: isi@unu.edu

If you have been forwarded this newsletter and would like to SUBSCRIBE, you can do so on the IPSI website here.