International Satoyama Intiative

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、持続可能な社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の価値を世界で広く認識してもらうことによって、その保全と再生を促進する取り組みです。

IPSIニュースレター8月号(日本語版)

---

IPSIニュースレター8月号(日本語版)【第7回SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ定例会合(IPSI-7)、生物多様性条約第14回締約国会議(CBD COP14)におけるIPSIの活動、他】

皆様いかがお過ごしでしょうか。2018年8月号のIPSIニュースレターをお届けします。概要のみ日本語でご紹介しておりますので、詳細は本文をご覧ください。

 

1.第7回SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ定例会合(IPSI-7)

IPSI事務局は、日本国環境省及び石川県との共催により、2018年9月30日~10月2日に、石川県金沢市で「SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ第7回定例会合(IPSI-7)」を開催します。IPSI-7では、「SATOYAMAイニシアティブの生物多様性愛知目標及び持続可能な開発目標(SDGs)への貢献」をテーマにした公開フォーラムを下記の通り開催します。

日時:2018年9月30日(日) 14:30-17:45
会場:石川県金沢市 金沢ニューグランドホテル
主催:IPSI事務局(国連大学サステイナビリティ高等研究所)、環境省
共催:石川県
言語:日英同時通訳あり
参加費:無料
目的:
2010年に愛知県名古屋市で開催された生物多様性条約第10回締約国会議の機会に、「SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)」が設立されました。IPSIは、日本の里山のように世界に存在する人と自然の相互作用によって維持されている環境の保全に取り組む世界中の団体が協力し合うパートナーシップです。設立当初51団体からスタートしたIPSIは、8年経った現在、メンバー数は230団体に増加し、数々の協力活動などが実施されてきました。

IPSIでは、SATOYAMAイニシアティブの普及や参加者間の経験共有の促進、メンバー同士及び関係団体との連携・協力を目的に、定期的に公開フォーラムを開催しています。日本では、2013年に福井県福井市で開催して以降、今回5年ぶりに開催いたします。

今回で第7回目となる公開フォーラムでは、生物多様性に関する国際的な目標である愛知目標と持続可能な開発目標(SDGs)への貢献をテーマに、IPSIメンバーの事例を通じて、SATOYAMAイニシアティブがこれらの目標にどのように貢献してきたか、また、愛知目標の目標年である2020年以降の方向性について、会場の皆様と考えていきます。

公開フォーラムへのご参加を希望される方はこちらよりご登録ください。(申込み締切:9月23日(日))

 

 

2.生物多様性条約第14回締約国会議(CBD COP14)におけるIPSIの活動

生物多様性条約第14回締約国会議(CBD COP14)が2018年11月17日から29日、エジプトのシャルム・エル・シェイクにて開催されます。2年に1回開催される生物多様性条約の主要なイベントである本会議に、IPSI事務局も参加を予定しています。また、CBD COP14への参加を予定されている方は、IPSI事務局にお知らせください。IPSI事務局では、国際パートナーシップとして、この機会を最大限に活用し、国際的な政策決定プロセスにおけるSATOYAMAイニシアティブの概念の推進につながるよう、メンバーの方々と協力させていただければと考えています。

CBD COP14に関する情報は、生物多様性条約事務局のウェブサイト(英語)をご覧ください。本会議へのIPSIの参加に関する最新情報は、IPSIのウェブサイトをご覧ください。

 

 

3.自然・文化指標と知識体系に関するオンライン・データベース

IPSIメンバーのアメリカ自然史博物館 生物多様性・保全センター(AMNH)は、自然・文化指標と知識体系に関するの新しいオンライン・データベースの立ち上げを発表しました。本データベースには、IPSI協力活動の一環として作成された社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)におけるレジリエンス指標に関するツールキットも含まれており、自然と文化の維持管理に関する幅広い情報が掲載されています。

本データベースは、こちら(英語)からご覧いただけます。

 

 

4.新IPSIメンバー紹介:台湾国立屏東科技大学

1924年に農業大学として創立された台湾国立屏東科技大学(NPUST)は、今や農業から工学、人文科学、社会科学に至るまで全国に高く評価されているプログラムを提供しています。地域レベルから地球レベルまでの様々な課題に対し、革新的な解決策をもたらすことを目的に、NPUSTでは、基礎研究だけではなく、政府機関や地域コミュニティとの共同研究にも力を入れています。

詳しくは、NPUSTのウェブサイト(英語)をご覧ください。

 

 

5. ケーススタディ紹介:行政院農業委員会水土保持局

台湾のIPSIメンバーの行政院農業委員会水土保持局(SWCB)は、「Transformations towards sustainability – A SEPL restored by the Gongrong community(持続可能性への転換-Gongrongコミュニティによって再生された社会生態学的生産ランドスケープ(SEPL)と題されたケーススタディを提出しました。

Gongrong村は、無秩序な土地開発、動植物の生息・生育環境の悪化、公害、所得の減少、高齢化社会などにより将来的な不安を抱えていましたが、SATOYAMAイニシアティブとも共通する概念に基づき、2003年、これらの問題への取組を始めました。具体的には、行政院農業委員会水土保持局(SWCB)が中心となり、他の協力団体と共に、地元の長老たちの知恵を取り入れた能力開発プログラムを提供してきました。Gongrong村は、住民参加型の活動を通じて、目標と戦略を設定し、SEPLの再生に向けた活動を実施することができました。

本ケーススタディの詳細は、こちら(英語)からご覧いただけます。

 

なお、本ニュースレターで共有を希望されるイベント等の情報がございましたら、IPSI事務局までご連絡ください。また、記事は日本語版ニュースレターのみの掲載も可能です。皆様からの情報提供をお待ちしております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)事務局
国際連合大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)
東京都渋谷区神宮前5-53-70
電話:03-5467-1212(代表)
E-mail: isi@unu.edu

□連絡先やメールアドレスに変更があった場合は、事務局までお知らせください。
□当ニュースレターの配信登録はこちら

*SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、日本環境省の支援により運営されています。

---

IPSI Newsletter, August 2018

Dear IPSI members and friends,

Greetings from the IPSI Secretariat in Tokyo, Japan. IPSI and its members continue to stay active in a wide variety of projects and activities related to maintaining and revitalizing socio-ecological production landscapes and seascapes (SEPLS).

This month’s newsletter is a relatively short one, as we hope many of our readers in the Northern Hemisphere have been able to enjoy summer holidays as much as we have. We would like to inform you that we are looking forward to taking part in CBD COP 14 later this year, and hope you will keep us informed of your plans for the meeting. We are also pleased to present a new resource directory on “Nature-Culture Indicators and Knowledge Systems”, and introductions to one of our newest members, National Pingtung University of Science and Technology, and a recent case study from the Soil and Water Conservation Bureau, both in Chinese Taipei.

We would also like to remind readers that we are busy with preparations for the 7th IPSI Global Conference (IPSI-7), which will be held in Kanazawa, Ishikawa Prefecture, Japan from 30 September to 2 October. IPSI-7 will be co-organized by the IPSI Secretariat and the Ministry of the Environment of Japan, and hosted by the Ishikawa Prefectural Government. Please watch this newsletter and the IPSI website for details.

As always, we hope you will contact us to submit any new case studies or other information about your activities, or if you have any questions or comments.

IPSI Secretariat

---

IPSI Activities at CBD COP 14

The Fourteenth Meeting of the Conference of the Parties to the Convention on Biological Diversity (CBD COP 14) will be held from 17-29 November 2018 in Sharm El Sheikh, Egypt. The COP meeting is the major biennial event of the governing body of the CBD, and the IPSI Secretariat looks forward to taking part in the meeting and collaborating with many IPSI members and friends.

We are sure that many readers will be attending and holding activities at CBD COP 14. Please contact the Secretariat and let us know about your plans, so that we as a partnership can make the most of this major event and work toward mainstreaming the concepts of the Satoyama Initiative in important international policymaking processes. Please keep an eye on the COP 14 page on the CBD website here for more information on the event itself, and the IPSI website for updates on IPSI’s involvement in the meeting. We look forward to seeing many of you there.

---

Nature-Culture Indicators and Knowledge Systems Resource Directory

IPSI member the Center for Biodiversity and Conservation at the American Museum of Natural History (AMNH) recently announced the launch of a new online resource directory for “Nature-Culture Indicators and Knowledge Systems”. According to its website, the directory is “a collaborative initiative by the Action Group on Knowledge Systems and Indicators of Wellbeing – a community of practice focusing on the links between biological and cultural diversity.” It contains a wide variety of different kinds of resources that should be of interest to many readers “involved with sustaining and managing nature and culture”, including the Toolkit for the Indicators of Resilience in Socio-ecological Production Landscapes and Seascapes (SEPLS), which was produced as an outcome of an IPSI collaborative activity.

The Action Group on Knowledge Systems and Indicators of Wellbeing is one component of the “Dialogues for Collaborative Action on the Links Between Biological and Cultural Diversity”, being implemented by AMNH along with the UNESCO-SCBD Joint Programme on Linking Biological and Cultural Diversity. The resource directory is in part one output from the Action Group meeting held in April 2018.

The resource directory can be found on the AMNH website here.

---

New Member Introduction: National Pingtung University of Science and Technology

Started as an agricultural college in 1924, National Pingtung University of Science and Technology (NPUST) has been grown to offer nationally acclaimed programs in areas ranging from agriculture and engineering to management and humanities and social sciences. With an aim to provide innovative solutions to challenges at global and local levels, NPUST not only promotes basic research but also encourages its faculty to build research collaborations with industrial government agencies and communities.

The community forestry research group of NPUST was established in 2004. Our goal is to empower local communities and to promote community-based ecotourism and agroforestry. We have devoted ourselves to surveying the unique culture and resources of the local communities and transforming them into a “Deep Economy” which emphasizes the concept of local purchasing and creates an environmentally sustainable system. Take Labuwan as an example, we have strived to help indigenous communities affected by 2009 Typhoon Morakot build resilience through participatory action research. To address the challenges that the communities faced, we worked with community members and gain access to resources and knowledge to develop sustainable community-based agroforestry and ecotourism practices. The promotion of these practices not only revives local knowledge and wisdom but also increases the communities’ food self-sufficiency and improves their livelihoods and well-being.

For more information, see the NPUST website here.

---

Recent Case Study: Soil and Water Conservation Bureau

The IPSI Secretariat recently received a case study from partner organization the Soil and Water Conservation Bureau in Chinese Taipei, titled “Transformations towards sustainability – A SEPL restored by the Gongrong community”.

Once a village with gloomy prospects due to improper land development, habitat degradation, pollution, decreasing income, aging, etc., Gongrong community was determined to transform in 2003 by following principles in line with those of the Satoyama Initiative. Based on literature review, observation and interviewing community members, it is revealed that transformation of Gongrong community went through three overlapping stages: to halt further environmental degradation (2004-2007), capacity building (2005-2011), and implementation of strategic plan (2012-2016). With the long-term capacity building provided by the Soil and Water Conservation Bureau (SWCB) and other partners, and the motivation and wisdom of a group of elders, Gongrong community was able to plan out its vision and goals through a participatory process and implemented its strategies and actions collectively to revive its SEPL.

For more information, please see the full write-up of the case study on the IPSI website here.

---

Contact

Please be sure to let the Secretariat know if there are any changes in your e-mail address or contact information.

Secretariat of the International Partnership for the Satoyama Initiative
5–53–70 Jingumae
Shibuya-ku, Tokyo 150-8925
Japan

Tel: +81 3-5467-1212
Fax: +81 3-3499-2828

Email: isi@unu.edu

If you have been forwarded this newsletter and would like to SUBSCRIBE, you can do so on the IPSI website here.

---