International Satoyama Intiative

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、持続可能な社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の価値を世界で広く認識してもらうことによって、その保全と再生を促進する取り組みです。

イベント

2015年1月29日:国際シンポジウム「石川・金沢の里山里海「発見」から「連携」へ~世界ネットワークを自治体はどう活かすか」

29/01/2015

IPSIメンバーである国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(OUIK)は、2015年1月29日に国際セミナーを開催しました。基調講演者として、ユネスコ・生物多様性条約事務局による生物文化多様性共同プログラムのユネスコ側担当官のアナ・パーシック氏がゲストとして招かれ、また各地域で生物多様性の保全活動に取り組む自治体の代表者や学識者が発表を行いました。詳しく... [ 続きを読む ]

2015年1月12日から17日:生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES)第3回総会への参加

17/01/2015

生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES)第3回総会が、ドイツ・ボンにて2015年1月12日から17日にかけて開催されました。IPBESでは、SATOYAMAイニシアティブの概念やSEPLSの保全、促進に資する科学的な情報も提供されることが見込まれます。また、IPSIからも具体的な情報を提供するなど、積極的な貢献が期待されます。会議にはIPSI事務局や多くの... [ 続きを読む ]

北摂SATOYAMA国際シンポジウムへの参加報告

30/11/2014

北摂SATOYAMA国際シンポジウム~北摂の里山を世界のSATOYAMAに~が、11月30日に兵庫県宝塚市の宝塚ホテルで開催され、IPSIメンバーの先住民政策提言・教育国際センター(TEBTEBBA)やIPSI事務局からもプレゼンテーションが行われました。 都市部に近接している北摂地域の里山には、現在も古来の里山景観が維持されており、市民レベルでの活動も活発です。兵庫県では北摂の里山の持続的... [ 続きを読む ]

2014年11月12日-19日:国際自然保護連合(IUCN)世界公園会議(WPC)への参加について

12/11/2014

オーストラリアのシドニーで2014年11月12日から19日に開催される国際自然保護連合(IUCN)主催の世界公園会議(WPC)にIPSI事務局及び多数のIPSIメンバーが参加しました。世界公園会議は保護区やその持続可能な管理に関する 最大級の国際会議の一つで、IUCNはこの会議を「保護区に関する重要なグローバルフォーラム」であると位置づけています。 IPSI事務局が開催したイベント情... [ 続きを読む ]

2014年10月4日-5日:IPSI第5回定例会合開催のご報告

05/10/2014

2014年10月4日-5日に韓国の平昌で、生物多様性条約(CBD)第12回締約国会議(COP12)と平行して「SATOYAMA イニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)の第5回定例会合(IPSI-5)」を開催しました。 IPSI-5では、「持続可能な開発の実現にむけた生産ランドスケープ・シースケープでの活動の促進」(Furthering action in production lan... [ 続きを読む ]

2014年7月24日: ISAP 2014 パラレルセッション(生物多様性の持続可能な利用に向けた コミュニティー参画)、横浜

24/07/2014

国連大学サステイナビリ ティ高等研究所(UNU-IAS)および公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、第6回持続可能なアジア太平洋に関する 国際フォーラム(ISAP2014)において、「生物多様性の持続可能な利用に向けたコミュニティー参画」に関するパラレルセッションを開催しました。 本セッションでは、はじめに、国連大学の武内和彦上級副学長により「地域からのレジリエントな社会の構築」という... [ 続きを読む ]

2014年7月22-23日: IPSI ケーススタディエキスパートワークショップ

23/07/2014

ワークショップのレポートがアップデートされました。こちらからご覧いただけます 2014年7月22日-23日にIPSI事務局と地球環境戦略研究機関(IGES)は、IPSIケーススタディーに関する専門家ワークショップをパシフィコ横浜(横浜市)において開催しました。 これまでにIPSIには、メンバーから約70のケーススタディーが寄せられています(詳細はこちら)。 本ワークショップでは、こうしたケー... [ 続きを読む ]

2014年5月27-29日:SATOYAMAイニシアティブ・ヨーロッパ地区ワークショップ(イタリア・フローレンス)

29/05/2014

IPSI事務局はRomualdo Del Bianco Foundation (ライフビヨンドツーリズム)と共同で、「ヨーロッパの生産ランドスケープの活性化:人と生物多様性のための旅と対話」と題したSATOYAMAイニシアティブヨーロッパ地域ワークショップを、2014年5月27-29日にイタリアのフィレンツェにおいて開催しました。 ヨーロッパでは古くから人と自然のつながりを通して社会生態学的... [ 続きを読む ]

「第9回自然保全と保護地域に関する太平洋会議」におけるパラレル・セッション開催のご報告

04/12/2013

2013年12月4日IPSI事務局と太平洋地域環境計画事務局(SPREP)は「SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップのチャレンジと機会、太平洋地域からの視点」と題するパラレル・セッションを「第9回自然保全と保護地域に関する太平洋会議」において開催いたしました。 [パラレル・セッションでの集合写真] パラレル・セッションは、第一部「SATOYAMAイニシアティブ、パートナーシップとそ... [ 続きを読む ]

生物多様性条約第17回科学技術助言補助機関会合(SBSTTA17)でのサイドイベント開催報告

15/10/2013

生物多様性条約第12回締約国会議(COP12)の各議題について検討を行なう生物多様性条約第17回科学技術助言補助機関会合(SBSTTA17)がカナダ・モントリオールで開催され、10月15日にサイドイベントとして「コミュニティの視点から 社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の回復力への理解のための指標アプローチ」が開催されました。 指標アプローチは、生物多様性条約や他の関... [ 続きを読む ]