International Satoyama Intiative

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、持続可能な社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の価値を世界で広く認識してもらうことによって、その保全と再生を促進する取り組みです。

アフリカ



Loading...

アフリカ

(English) Ankeniheny-Zahamena Corridor, a field demonstration model

  • Country: --- ---
  • Group: ---
(English) Ankeniheny-Zahamena Corridor, a field demonstration model
  • 凡例:森林

" width="456" height="586" /> [/caption]In an effort to mitigate the effects of climate change, CI/Madagascar has been supporting the government in Madagascar to develop two forest carbon projects at ...

Read more

マラウイにおける小流域保全

  • Country: マラウイ チンドズワ村
  • Group: 国連大学高等研究所
マラウイにおける小流域保全
  • 凡例:森林
  • 凡例:農地
  • 凡例:陸水

マラウイ湖はアフリカ大陸で三番目に大きな湖であり、世界でもっとも多くの固有種を含む魚種を抱える生物多様性保全のホットスポットである。急速な進化を遂げたシクリッド種(カワスズメ科)は1000種におよぶという。 なかでも岩場に棲息する「ムブナ」というグループについては熱帯魚マニアに珍重されている(図1)。こうした事情から、住民による食糧や現金収入を目的とした漁撈や、森林伐採や耕作にともなう土壌流...

Read more

農業を始めたマサイ

  • Country: ケニア リフトバレー州 ロイトキトク
  • Group: ---
農業を始めたマサイ
  • 凡例:草地
  • 凡例:農地

ケニアのリフトバレー州ロイトキトクでは、牛の遊牧民であり伝統的に牛以外のものを食さなかったマサイ族の一部が近年になって農業を始めた。背景には、村の長老が「過去になかった」というほど厳しい乾燥化がある。変化の途上にある彼らを取材し、伝統習慣や農業を始めるに至った経緯、現在抱えている問題や今後の希望などを聞いた。 1.調査地および方法 ケニアは国土の8割が半乾燥地域で、主な植生はサバンナである...

Read more