International Satoyama Intiative

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、持続可能な社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の価値を世界で広く認識してもらうことによって、その保全と再生を促進する取り組みです。

SATOYAMAイニシアティブに関する協力覚書の署名について

12月17日(土)、環境省と地球環境ファシリティ(GEF)事務局との間で、「SATOYAMAイニシアティブに関する協力覚書」の署名を行いました。(環境省側署名者は寺田地球環境審議官、GEF事務局側署名者はモニーク・バルビュー事務局長)

本協力文書に基づき、今後、GEF第5フェーズ(2010年7月~2014年6月)の生物多様性戦略のもと、SATOYAMAイニシアティブに関連した活動に対する支援の機会を促進するとともに連携活動の機会をさらに探ることとしています。

1.署名の概要

平 成23年12月17日(土)、石川県立音楽堂内にて、環境省と地球環境ファシリティ(GEF)事務局との間で、 「SATOYAMAイニシアティブに関する協力覚書」の署名を行いました(環境省側署名者は寺田地球環境審議官、GEF事務局側署名者はモニーク・バル ビュー事務局長)。

2.協力覚書の概要

SATOYAMAイニシアティブを推進することを目的として、両者がGEF第5フェー ズ(2010年7月~2014年6 月)の生物多様性戦略の下、SATOYAMAイニシアティブに関連した活動に対する支援の機会の促進、連携活動の機会の探求等により、協力を実施します。

同協力覚書及び協力覚書の日本語仮訳はこちらからダウンロード可能です。