International Satoyama Intiative

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、持続可能な社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の価値を世界で広く認識してもらうことによって、その保全と再生を促進する取り組みです。

2018年9月29日~10月2日:第7回SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ定例会合(IPSI-7)

Participants of IPSI-7

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)事務局(国連大学サステイナビリティ高等研究所)及び日本国環境省は、石川県との共催で、「SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ第7回定例会合(IPSI-7)」を2018年9月29日から10月2日まで石川県金沢市にて開催しました。

IPSI定例会合は、IPSI総会と公開フォーラムの2つの会合で主に構成されています。IPSI-7では、2018年9月30日(日)に「SATOYAMAイニシアティブの生物多様性愛知目標及び持続可能な開発目標(SDGs)への貢献」と題して、公開フォーラムを開催しました。IPSIメンバー以外の一般の方も対象に、国内外の専門家が、生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学-政策プラットフォーム(IPBES)の評価プロセスを含む、SATOYAMAイニシアティブにまつわる幅広い知見を共有し、参加者間で、社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の活性化と持続可能な管理について議論しました。

10月1日(月)に開催されたIPSI総会(IPSIメンバーのみが対象。一般非公開。)では、IPSIの今後の運営・活動の方向性について情報共有及び意思決定を行いました。ワーキンググループセッションでは、生物多様性戦略計画2011-2020や愛知目標、国連の持続可能な開発目標(SDGs)などへの継続的、潜在的な貢献について議論を深めました。参加者は、これらの議論を踏まえた「石川声明」に合意し、また愛知目標やSDGsの達成に向けた活動の評価に使用される多くの指標を共有しました。

10月2日(火)には、参加者はUNU-IASいしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(OUIK)の協力のもと、石川県が主催した能登半島へのエクスカーションに参加し、日本の里山・里海と直に触れ合いました。

プログラム: IPSI-7公開フォーラム

プログラム

開会の挨拶

  • 竹本 和彦 国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)所長
  • 正田 寛  環境省自然環境局長
  • 谷本正憲 石川県知事 (代読:石川県企画振興部長 吉住秀夫)

基調講演

パネル討論

  • モデレーター: 瀧口 博明(国連大学サステイナビリティ高等研究所プロジェクト・ディレクター、IPSI事務局長)

プログラム: IPSI-7 総会  全体会議

開会挨拶

  • 竹本 和彦 (国連大学サステイナビリティ高等研究所長)
  • とかしき なおみ (環境副大臣)

歓迎挨拶

  • 谷本 正憲 (石川県知事)

ビデオメッセージ

  • クリスティアナ・パシュカ・パルマー(生物多様性条約事務局長)