International Satoyama Intiative

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、持続可能な社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の価値を世界で広く認識してもらうことによって、その保全と再生を促進する取り組みです。

2019年5月29日:セミナー「世界のSATOYAMAを知る、持続可能な開発を考える」

2019日5月29日(水)、東京の国連大学本部ビル1階の地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)にてミニセミナー「世界のSATOYAMAを知る、持続可能な開発を考える」が開催されます。本セミナーはIPSIメンバーである一般社団法人コンサベーション・インターナショナル・ジャパン(CI)がGEF-Satoyamaプロジェクト(IPSI協力活動)の一環として、開催致します。

CIジャパンが地球環境ファシリティの資金を受けて実施しているGEF-Satoyamaプロジェクトのパートナーである、インドのエネルギー資源研究所(TERI)とモーリシャスのEnvironmental Protection and Conservation Organization(EPCO)が彼らの活動について発表を行い、その後、関連したトピックについて質疑応答を行います。本セミナーは日英の逐次通訳付きです。ご関心のある方は参加をご検討頂けますと幸いです。

本セミナーの詳細、並びにお申し込みはこちらよりご覧下さい。