International Satoyama Intiative

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、持続可能な社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の価値を世界で広く認識してもらうことによって、その保全と再生を促進する取り組みです。

2015年1月29日:国際シンポジウム「石川・金沢の里山里海「発見」から「連携」へ~世界ネットワークを自治体はどう活かすか」

IPSIメンバーである国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(OUIK)は、2015年1月29日に国際セミナーを開催しました。基調講演者として、ユネスコ・生物多様性条約事務局による生物文化多様性共同プログラムのユネスコ側担当官のアナ・パーシック氏がゲストとして招かれ、また各地域で生物多様性の保全活動に取り組む自治体の代表者や学識者が発表を行いました。詳しくはこちらをご覧ください。

DSC_1298