International Satoyama Intiative

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、持続可能な社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の価値を世界で広く認識してもらうことによって、その保全と再生を促進する取り組みです。

6月24~26日:「IPSIケーススタディワークショップ」を開催しました

IPSI事務局は、地球環境戦略研究機関(IGES)の協力を得て、6月24~26日、東京の国連大学本部にて、IPSIケーススタディワークショップを開催しました。今回のテーマは、「SEPLSのより良い管理に向けた知見の蓄積(Enhancing knowledge for better management of SEPLS)」でした。本ワークショップは、本年末に発行される予定の「Satoyama Initiative Thematic Review」と題した出版物作成の一環として開催されました。

Group photo at Case Study Workshop Tokyo 2015