International Satoyama Intiative

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、持続可能な社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の価値を世界で広く認識してもらうことによって、その保全と再生を促進する取り組みです。

2019年5月29日:セミナー「世界のSATOYAMAを知る、持続可能な開発を考える」

27/05/2019

2019日5月29日(水)、東京の国連大学本部ビル1階の地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)にてミニセミナー「世界のSATOYAMAを知る、持続可能な開発を考える」が開催されます。本セミナーはIPSIメンバーである一般社団法人コンサベーション・インターナショナル・ジャパン(CI)がGEF-Satoyamaプロジェクト(IPSI協力活動)の一環として、開催致します。 CIジャパンが地球環... [ 続きを読む ]

2019年 SATOYAMA保全支援メカニズム(SDM)プロポーザル募集

地球環境戦略研究機関(IGES)、環境省(MOEJ)、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)が共同で設立した 「SATOYAMA保全支援メカニズム(SDM)」では現在、2019年に採択するプロジェクトの提案を募集しています。SDMは、社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の保全と持続可能な利用を推進するプロジェクトに資金協力を行うことを目的としており、応募はIP... [ 続きを読む ]

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ第7回定例会合(IPSI-7)公式レポート

27/02/2019

IPSI事務局は、2018年9月29日から10月2日に、石川県金沢市にて開催した「SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ第7回定例会合(IPSI-7)」の公式レポートを公開しました。本会合の詳細はこちらをご覧ください。講演者の発表要旨を含む本レポートは、こちら(英語)からダウンロード可能です。 ... [ 続きを読む ]