International Satoyama Intiative

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、持続可能な社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の価値を世界で広く認識してもらうことによって、その保全と再生を促進する取り組みです。

2019年5月12日: グローバル・ランドスケープ・フォーラム京都 2019

12/05/2019

2019年5月12日、京都にて 「グローバル・ランドスケープ・フォーラム京都2019」が開催され、政府、NGO、先住民族、民間セクター、ユース団体、市民団体、科学者およびメディアの代表者が参加しました。グローバル・ランドスケープ・フォーラムは持続可能な土地利用に焦点を当ててた主要会議の一つで、多くの場合、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の総会に合わせて開催されます。本会合では気候変... [ 続きを読む ]

2019年1月16~17日:SEPLSのレジリエンス評価に関する国際ワークショップ

17/01/2019

IPSIメンバーである台湾の行政院農業委員会水土保持局(SWCB)と中華民国自然生態保育協会(SWANインターナショナル)は、2019年1月16日から17日に、台湾で「社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)のレジリエンス評価に関する国際ワークショップを主催しました。このワークショップでは社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)におけるレジリエンス指標」... [ 続きを読む ]