International Satoyama Intiative

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、持続可能な社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の価値を世界で広く認識してもらうことによって、その保全と再生を促進する取り組みです。

IPSIニュースレター4月号(日本語版)

---

IPSIニュースレター4月号(日本語版)【CBD SBSTTA-22およびSBI-2への参加について、他】

皆様いかがお過ごしでしょうか。2018年4月号のIPSIニュースレターをお届けします。概要のみ日本語でご紹介しておりますので、詳細は本文をご覧ください。

1.CBD SBSTTA-22およびSBI-2への参加について

IPSI事務局は2018年7月にカナダのモントリオールで開催される生物多様性条約第22回科学技術助言補助機関会合(CBD SBSTTA-22、2018年7月2日~7日開催)および第2回条約実施補助機関会合(SBI-2、2018年7月9日~13日)に参加する予定です。SBSTTA-22、SBI-2に参加を予定されている方は、IPSI事務局までご一報ください。

2.GEF-SGP Upgraded Country Programmes グローバルワークショップへ参加しました

IPSIメンバーである国連開発計画(UNDP)が実施しているGlobal Environment Facility Small Grants Programme(GEF-SGP:地球環境ファシリティー・小規模無償プログラム)の活動の一環として、2018年4月16日から19日、エクアドルのキトにてグローバルワークショップが開催されました。本ワークショップは、Upgraded Country Programmes(UCP)実施から得られた知見の共有・普及を目的とし、多くのIPSIメンバーが参加しました。

UCPの一部のプロジェクトは、各プロジェクトサイトの管理計画を作成する際に「社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)におけるレジリエンス指標」を用いてレジリエンス強化戦略を作成・実施するIPSI協力活動である「SATOYAMAイニシアティブ推進プログラム(COMDEKS)」の手法を取り入れています。IPSI事務局員も本ワークショップに出席し、議論に参加しました。

3.知識体系と幸福指標に関するワークショップへ参加しました

IPSIメンバーであるアメリカ自然史博物館生物多様性・保全センターは2018年4月21日から22日、アメリカ合衆国、ニューヨークにて「知識体系と幸福指標」に関するアクション・グループ会合を開催し、文化的側面からみた幸福指標や人と場所の関係性の研究について携わっている様々な専門家等が集まり議論が行われました。本ワークショップにはIPSI事務局員も参加し、「社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)におけるレジリエンス指標」について発表しました。

本ワークショップの成果については、生物文化多様性における指標に関する取組や2018年11月、エジプトで開催予定の生物多様性条約(CBD)第14回締約国会議などの政策プロセスにおける貢献が期待されています。
4. GEF-SATOYAMAプロジェクト関連イベント~自然災害に対応できるレジリエンスと生物多様性~

IPSI協力活動であるGEF-SATOYAMAプロジェクトの一環として下記のイベントが開催されますので、是非ご参加ください。

場所:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F
日時:2018年5月24日(木)18:00-20:00
概要:
自然災害を考えると、景観とコミュニティのレジリエンスは環境保全プロジェクトにおいて非常に重要な課題です。地震や異常気象の自然災害の経験から、災害に対しどう備え、回復力を高めるか、世界各地の事例をもとに考えてみませんか?このイベントは、SATOYAMA イニシアティブ国際パートナーシップのメンバーである、FIDES(エクアドル)と CORFOPAL(コロンビア)の代表が来日する機会をとらえて開催されます。

本イベントは日英逐次通訳付きです。詳しくはこちらをご覧ください。

5.「SATOYAMA保全支援メカニズム(SDM)2017ブックレット」 の刊行について

社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の保全と持続可能な利用に関する優良事例となるような有望なプロジェクトに資金協力を行うことを目的とし、2013年に公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)、日本国環境省、国連大学サステイナビリティ高等研究所が共同で「SATOYAMA保全支援メカニズム(SDM)」を設立しました。毎年、IPSIメンバーによる応募の中から選ばれたSEPLSの保全と持続可能な利用に関する優良事例となるような有望なプロジェクトに資金協力を行っており、今回、2017年度に採択されたプロジェクトを含む、これまでにSDMで実施してきたプロジェクトをまとめた「SDM 2017 ブックレット」を刊行いたしました。

本巻は、こちら(英語)からダウンロードできます。

6.映像作品「里山里海の恵みで人々をつなぐ」

国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)は一般社団法人e-frontとともに宮城県塩竈市にある浦戸諸島において、島の里山里海の恵みを生かしながら、耕作放棄地の再生活動を通じ、地元の人々の交流促進をめざすプロジェクトに取り組んできました。この度、本プロジェクトの活動記録を映像にまとめた作品「里山里海の恵みで人々をつなぐ」を制作しました。なお、この作品は、「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」からの寄付金により制作されました。皆様ぜひご覧ください。

その他のビデオについては、IPSIのウェブサイトをご覧ください。
7.IPSIメンバーからのお知らせ:「SATO YAMA UMI プロジェクト」奨学金付インターンシップ」への参加者募集(コンサベーション・インターナショナル・ジャパン)

経団連自然保護基金創設25周年記念事業である、「SATO YAMA UMI プロジェクト」は、日本環境教育フォーラム、バードライフ・インターナショナル東京およびコンサベーション・インターナショナル・ジャパンが共同で推進している、国際保全プロジェクトです。昨年、IPSI協力活動として承認されました。本プロジェクトの一環として、今年、ユース海外インターンシッププログラムを実施します。

この度、途上国の自然環境に大きく生活を依存する現代社会において、将来的に社会的なリーダーとして、変革をもたらすことを期待されるユース世代の育成のための「奨学金付インターンシップ」への参加者を募集します。

参加者には、現在、「SATO YAMA UMI プロジェクト」が実施しているアジア太平洋地域4カ国5地域での現地業務(カンボジア、インドネシア、サモア、ニューカレドニア)、及び、関連する国内業務に携わっていただきます。様々なフィールドにおける実体験を通じて、環境問題や持続可能な社会構築への理解をより深める機会を提供します。

募集概要についての詳細は、こちらをご覧ください。

8.IPSIメンバーからの活動紹介:写真コンクール~ヘリテージ・フォア・プラネットアース2018~について(デル・ビアンコ財団(ライフ・ビヨンド・ツーリズム))

IPSIパートナーのライフ・ビヨンド・ツーリズム(イタリア)では特に若い世代に向け、地球環境のバランスや気候変動と密接に関連している文化・自然遺産についての意識の向上を促すため、「写真コンクール ヘリテージ・フォア・プラネットアース2018」を実施中です。

コンクールは毎月実施されています。また2018年全体での作品も選ばれる予定です。コンテストの詳細はこちら(英語)とこちら(日本語)よりご覧いただけます。

 

 

なお、本ニュースレターで共有を希望されるイベント等の情報がございましたら、IPSI事務局までご連絡ください。また、記事は日本語版ニュースレターのみの掲載も可能です。皆様からの情報提供をお待ちしております。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)事務局
国際連合大学サステイナビリティ高等研究所

東京都渋谷区神宮前5-53-70
電話:03-5467-1212(代表)
E-mail: isi@unu.edu

□連絡先やメールアドレスに変更があった場合には事務局までお知らせください。
□当ニュースレターの配信登録はこちら
*SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、日本国環境省の支援により運営されています。

 

---
---

IPSI Newsletter, April 2018

Dear IPSI members and friends,

Greetings from the IPSI Secretariat in Tokyo, Japan. IPSI and its members continue to stay active in a wide variety of projects and activities related to maintaining and revitalizing socio-ecological production landscapes and seascapes (SEPLS).

This month’s newsletter contains information about IPSI’s upcoming participation in CBD SBSTTA-22 and SBI-2, to be held in July in Montreal, plus reports from a recent GEF-related workshop in Ecuador and an Action Group on indicators in New York. We are also proud to announce an upcoming event in Tokyo on “Conservation, Resilience & Natural Disasters”, the publication of this year’s booklet on the Satoyama Development Mechanism (SDM) and a new video on SEPLS-based disaster recovery efforts in Japan. We also have an update from the previously-announced photo contest being held by Life Beyond Tourism.

As always, we hope you will contact us to submit any new case studies or other information about your activities, or if you have any questions or comments.

IPSI Secretariat

---

IPSI involvement in CBD SBSTTA-22 and SBI-2

The IPSI Secretariat is looking forward to sending staff members to Montreal, Canada for the Convention on Biological Diversity’s Twenty-second Meeting of the Subsidiary Body on Scientific, Technical and Technological Advice (SBSTTA-22) from 2 to 7 July and the Second Meeting of the Subsidiary Body on Implementation (SBI-2) from 9 to 13 July. We look forward to providing support to all of our members who are parties to the Convention and also to seeing friends from the IPSI community.

If you or your organization is planning to attend either or both of the meetings, and especially if you are planning to hold side events, please be sure to contact the IPSI Secretariat and let us know. We will also be sharing more about side events and other information relevant to IPSI as we receive it. We look forward to hearing from you, and hopefully seeing you in Montreal.

---

GEF-SGP Upgraded Country Programmes Global Workshop

The Global Environment Facility Small Grants Programme (GEF-SGP), administered by IPSI partner the United Nations Development Programme (UNDP), held a global workshop from 16 to 19 April in Quito, Ecuador, to explore the implementation of its Upgraded Country Programmes (UCP). The UCP framework is in part an outcome of the IPSI collaborative activity the Community Development and Knowledge Management for the Satoyama Initiative (COMDEKS) Programme, which developed an adaptive landscape management methodology using the “Indicators of Resilience in SEPLS” to develop and implement a landscape- or seascape-level resilience-strengthening strategy. This COMDEKS methodology is being partially replicated in the UPC countries.

The workshop featured presentations and discussions by experts from UNDP, the IPSI Secretariat, and national representatives of GEF-SGP in a number of countries. An excursion was also provided to give participants a chance to visit project sites related to the Ecuador country programme. IPSI looks forward to continuing to be actively involved in the GEF-SGP UCP in the future.

---

Action Group on Knowledge Systems and Indicators of Wellbeing

IPSI partner the Center for Biodiversity and Conservation at the American Museum of Natural History in New York, USA, held an Action Group meeting on 21 and 22 April to bring together experts and practitioners working “to create culturally-relevant indicators of wellbeing and capture the linkages between people and place”. Staff from the IPSI Secretariat participated to present the IPSI collaborative activity work on the “Indicators of Resilience in SEPLS“. The meeting was held during the weekend between the two weeks of the 17th Session of the United Nations Permanent Forum on Indigenous Issues (UNPFII), and we were happy to see many IPSI members from indigenous peoples’ and local community organizations and others at the meeting.

Outcomes from the Action Group are expected to contribute to ongoing efforts related to indicators and biocultural diversity, and to policy-related processes including the 14th Conference of the Parties to the Convention on Biological Diversity (CBD COP 14), to be held in November 2018 in Sharm El-Sheikh, Egypt.

---

GEF-Satoyama Project Event on Conservation, Resilience & Natural Disasters

The GEF-Satoyama Project, an IPSI Collaborative Activity funded by GEF and executed by Conservation International along with UNU-IAS and IGES, will hold a public event on “Conservation, Resilience & Natural Disasters” at the Global Environment Outreach Centre (GEOC) in United Nations University Headquarters in Tokyo, Japan on 24 May. Resilience at the community and landscape levels is of paramount importance for conservation projects when faced with natural disasters. IPSI members Fundación FIDES, Corporación Ambiental y Forestal del Pacifico (CORFOPAL) and Conservation International Japan (CIJ) will share experiences of natural disasters and discuss how resilience can be improved.

For more information, including a link for online registration, please click here.

---

SDM 2017 Booklet Published

The Satoyama Development Mechanism (SDM) was established in 2013 as an IPSI collaborative activity between the Institute for Global Environmental Strategies (IGES), UNU-IAS  and the Ministry of the Environment, Japan, to promote activities in line with the IPSI Strategy and Plan of Action through the provision of seed funding to promising projects proposed by IPSI members. Six projects have been selected every year, and each year a booklet is published containing updates on ongoing projects, reports from completed projects, and announcements of newly selected projects. The booklets contain a great deal of useful information on implementation of projects for SEPLS management, and should be very interesting for anyone involved with the Satoyama Initiative.

The booklet for SDM 2017 is now available for download here.

---

New Video on Satoyamaand SatoumiRevitalization

A new video has been produced as a result of IPSI Collaborative Activities, focusing on restoration efforts in the Urato Islands in northeastern Japan. Since 2011, the United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability (UNU-IAS), which hosts the IPSI Secretariat, has been involved in activities with Tohoku University and the company e-front that aim to use the concepts of SEPLS (satoyama and satoumi in Japanese) in the islands to create opportunities for people to interact and revitalize local communities.

The Urato Islands are a group of small islands with rich satoyama and satoumi where people have been cultivating oysters and seaweed, and growing vegetables, for years. In the last few decades, the islands’ communities have been facing challenges such as a declining and ageing population, and abandoned farmland. The 2011 earthquake and tsunami badly exacerbated this situation and significantly weakened the social capital of the communities that live on the islands. This video introduces the revitalization project and how it has made an impact on the islands’ people.

This video was made possible in part through the support of the “Ink Cartridge Satogaeri Project“. The video can be viewed on the “video” section of the IPSI website here.

---

Update: Life Beyond Tourism Photo Contest

As introduced in an earlier newsletter, IPSI partner the International Institute Life Beyond Tourism at the Del Bianco Foundation is currently accepting submissions for its photo contest “Heritage for Planet Earth”, described as “part of a wider awareness-raising strategy – especially addressed to young generations – dedicated to the theme of fragility of heritage – cultural and natural – strongly linked to the planet Earth’s environmental equilibrium and climate change”.

The contest will award monthly prizes, as well as overall prizes for the whole year 2018. Winners for January and February have already been announced. If you are interested, please find more information and complete contest rules, plus the winning photographs so far, on the Life Beyond Tourism webpage here.

---

Contact

Please be sure to let the Secretariat know if there are any changes in your e-mail address or contact information.

Secretariat of the International Partnership for the Satoyama Initiative
5–53–70 Jingumae
Shibuya-ku, Tokyo 150-8925
Japan

Tel: +81 3-5467-1212
Fax: +81 3-3499-2828

Email: isi@unu.edu

If you have been forwarded this newsletter and would like to SUBSCRIBE, you can do so on the IPSI website here.

---