International Satoyama Intiative

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、持続可能な社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の価値を世界で広く認識してもらうことによって、その保全と再生を促進する取り組みです。

2018年9月30日-10月2日: SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ第7回定例会合(IPSI-7)

28/05/2018

IPSI事務局は、石川県及び日本国環境省との共催により、2018年9月30日~10月2日に、石川県金沢市で「SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ第7回定例会合(IPSI-7)」を開催する予定です。 IPSI-7では、生物多様性条約戦略計画2011-2020(愛知目標を含む。)の目標年を迎えるにあたり、そして、2020年以降の新たな枠組みの検討に向けて、IPSIのロードマップに関... [ 続きを読む ]

2018年5月22-24日: IPSI ケーススタディ・ワークショップ(東京)

24/05/2018

IPSI事務局及び公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)は、5月22日~24日に、東京の国連大学本部にて、「Satoyama Initiative Thematic Review 第4巻(SITR vol.4)」の出版に向けたプロセスの一環として、IPSIケーススタディ・ワークショップを開催しました。今回のテーマは、「社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)における生物多... [ 続きを読む ]

2018年1月16-17日: NBSAPsのランドスケープ管理アプローチの取組みに関するワークショップ

17/01/2018

国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)と東京大学サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)は、IPSI協力活動「自然共生社会の実現に向けた生物多様性国家戦略及び行動計画(NBSAPs)の策定と実施に係る研究」の一環として、2018年1月16-17日、「生産ランドスケープにおける生物多様性の主流化:統合的アプローチによるNBSAPsの策定と実施(Mainstreaming Biod... [ 続きを読む ]