International Satoyama Intiative

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)は、持続可能な社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(SEPLS)の価値を世界で広く認識してもらうことによって、その保全と再生を促進する取り組みです。

2016年1月12~14日:SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ 第六回定例会合(IPSI-6)

平成28年1月12-14日、シェムリアップ(カンボジア)において「SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)第六回定例会合」を開催します。本会合では、IPSI総会、公開フォーラムおよびエクスカーションが行われます。

12日の午後に行われる総会では、IPSIの今後の運営・活動の方向付けなどについて議論及び決定を行います(IPSIメンバーのみ)。総会に引き続き、12日午後から13日にかけて開催される公開フォーラムは、社会生態学的生産ランドスケープ・シースケープ(socio‒ecological production landscapes and seascapes: SEPLS)の再生や持続的な管理について議論を深める場です。今年の公開フォーラムは、「持続可能なランドスケープ・シースケープ管理のための戦略的な活動の評価と展望」というテーマにより、メンバーからの事例発表や参加者間でのディスカッションを行います。14日には、アンコールワット世界遺産地域内で、コミュニティ開発プロジェクトなどを見学するエクスカーションが開催される予定です。

公開フォーラムのプログラム(2015年12月23日時点)は、こちらからダウンロードできます: Public Forum-6-1-1_Website_Programme (20151223) (英語)

全日程のスケジュールは下記の通りです:

日付 時間 詳細
2016年1月12日 13:00 受付
  13:30-15:30 IPSI-6総会
  16:00-18:15 公開フォーラム(1日目全体会合)
  18:30- レセプション (招待者のみ)
2016年1月13日 8:30-12:30 公開フォーラム(分科会)
  14:00-17:30 公開フォーラム(2日目全体会合)
2016年1月14日 全日 エクスカーション

本会合への参加申し込みは締め切りました。

本会合に関するお問い合わせは、IPSI事務局までお問い合わせください。

photo: Joshua Kim (public domain)
photo: Joshua Kim (public domain)