International Satoyama Intiative

IPSI, the International Partnership for the Satoyama Initiative, promotes collaboration in the conservation and restoration of sustainable human-influenced natural environments (Socio-Ecological Production Landscapes and Seascapes: SEPLS) through broader global recognition of their value.

SATOYAMA イニシアティブとは

SATOYAMA イニシアティブとは

生物多様性と人間の福利のための二次的自然保全の推進

生物多様性にとっては、原生的な自然の保護のみならず、人々が古くから持続的に利用や管理してきた農地や二次林など、人間活動の影響を受けて形成・維持されている二次的自然環境の保全も同様に重要です。これらの二次的自然環境には、多様な種がその生存のために適応・依存しており、その維持・再構築が生物多様性の維持・向上に重要な役割を果たします。しかしながら、これらの自然環境やそれが象徴する持続可能な慣行や知識は、都市化、産業化、地方の人口の急激な増減等により、世界の多くの地域で危機に瀕しています。これらの二次的自然環境を持続可能な形で保全していくために、その価値を世界で広く再認識するとともに、早急かつ効果的な対策を講じていくことが求められています。

自然共生社会の実現

SATOYAMAイニシアティブは、失われつつある二次的自然環境を改めて見直し、持続可能な形で保全・利用していくためにはどうすべきかを考え、行動しようという取り組みです。自然のプロセスに沿った社会経済活動(農林水産業を含む)の維持発展を通じた「自然共生社会」の実現を長期的な目標としています。生物資源を持続可能な形で利用・管理し、結果として生物多様性を適切に保全することにより、人間は様々な自然の恵みを将来にわたって安定的に享受できるようになります。そのため、SATOYAMAイニシアティブでは、「社会生態学的生産ランドスケープ」と呼ぶ地域における、人と自然との関わり方を社会的および科学的視点から見つめ直します。

三つの行動指針

より持続可能な形で土地および自然資源の利用と管理が行われるランドスケープの維持・再構築を目指し、以下の3つの行動指針を提案しています。

・多様な生態系のサービスと価値の確保のための知恵の結集

・革新を促進するための伝統的知識と近代科学の融合

・伝統的な地域の土地所有・管理形態を尊重したうえでの、新たな共同管理のあり方の探求

行動指針では、人間の福利の向上をもたらす多様な生態系のサービスと価値に関する理解と、それらのための知恵の結集が不可欠な要素の一つとなっています。また、多くの伝統的知識は科学的な実証が必ずしも十分でなく最大限の活用がされていないため、伝統的知識と近代科学の融合により、伝統的知識のさらなる有効活用について検討することも重要です。さらに、革新を促進するための伝統的な地域の土地所有・管理形態を必要に応じ尊重しつつ、従来の土地所有者や地域住民のみならず、生態系サービスを受けている多様な主体も参加する新たな共同管理のあり方の探求も重要であると考えられます。この新たな仕組みを通じ、社会生態学的生産ランドスケープの維持や再構築を図ります。

実践的な視点

上記の行動指針に沿って、それぞれの地域において社会生態学的生産ランドスケープの維持・再構築、すなわち持続可能な自然資源の利用と管理を実践していく際には、以下の5つの生態学・社会経済学的視点が重要であると考えられます。

・環境容量・自然復元力の範囲内での利用

・自然資源の循環利用

・地域の伝統・文化の価値と重要性の認識

・多様な主体の参加と協働による自然資源と生態系サービスの持続可能で多機能な管理

・貧困削減、食料安全保障、生計維持、地域コミュニティのエンパワーメントを含む持続可能な社会・経済への貢献

SATOYAMAイニシアティブの対象地域と期待効果

本イニシアティブが対象とする地域は、長年にわたって人間の影響を受けて形成・維持されてきた農山村およびそれに隣接する農地、森林、草地などで構成される地域(ランドスケープ)です。このような自然と人の居住の接点に形成された特有のランドスケープは世界各地に見られ、地域の風土・文化・社会経済などの状況に応じて異なるものの、持続可能性を兼ね備え得るという点で等しく価値があります。

人間と自然の良好な関係を構築することによって、SATOYAMAイニシアティブは世界的なレベルで進行する生物多様性の損失を減速させることに貢献できると考えています。あわせて二次的自然環境での生物多様性の維持・向上および持続可能な自然資源利用の促進といった二重の効果が期待できます。

SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)

こうした取り組みをさらに国際的な協力のもとで進めるために、2010年10月に愛知県名古屋市で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)において、世界中から、政府、NGO、コミュニティ団体、学術研究機関、国際研究機関、国際機関等多岐にわたる51団体(現・126団体)が集い、SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)を創設しました。

本パートナーシップでは、SATOYAMAイニシアティブの考えに賛同し社会生態学的生産ランドスケープの維持や再構築に取り組んでいる団体で構成されるもので、情報共有や意見交換など多種多様な活動の場を提供するものです。本パートナーシップを通じて、協力してお互いの活動の足りない部分を補うなど、効果的に取り組みを進めることが期待できます。